<各種保険取扱> 健康保険 交通事故 労災保険 生活保護  
  東京都足立区六町3-4-11 パークアベニュー 1階
Tel &Fax 03-3850-0622
ホームページ
当院について
治療メニュー
交通事故治療
対応症状
患者様の声
アクセス・予約
印刷用PDFファイル
   
 
☆当院は予約優先制になっております。
初めての方はお電話ください。
予約はこちらから
 
☆お電話のお問合せ時間は、
 平日   9時〜12時半
       15時〜19時半
 土曜日  8時〜13時
上記のお時間にお願いいたします。
 

 
〒121-0073
足立区六町3-4-11
パークアベニュー1階
Tel &Fax 03-3850-0622

【休診日】
水曜日・日曜・祝日・土曜午後
 
※駐車場あります。





・むちうち
・腰痛
・顎関節症 《口が開かない》
・突き指
・成長痛
・外側上顆炎(テニス肘)
・変形性股関節症
・肉離れ
・捻挫(靭帯損傷)
・変形性膝関節症(OA)
・四十肩・五十肩
・オスグット
・坐骨神経痛
・首こり
・頭痛
・ぎっくり腰
 

 
 
   
●ぎっくり腰  
ぎっくり腰は、専門用語で言うと「急性腰痛症」なんていい方をします。
そうです、ぎっくり腰は突然やってきます。ぎっくり腰になったことのあるかたならわかるかと思いますが、できれば二度とかかりたくない症状のひとつでしょう。当院では、ぎっくり腰にならない為の生活習慣改善指導をはじめ、もちろんかかってしまった場合の専門治療もおこなっております。
 
ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は大きく2つのタイプに分かれます。

@ 筋肉性タイプ(つっている状態)
このタイプがぎっくり腰の大半を占めます。
繰り返しの作業や過度な負荷によって踏ん張るために、大切な筋肉がつって伸びることも縮むことも困難になってしまった状態です。
その時の姿勢や作業によって痛めてしまう筋肉は変わります。

A 椎間板性タイプ
腰骨と腰骨との間に椎間板と呼ばれる軟骨が腰には存在します。
その軟骨の繊維がさけてしまう事で起こる腰痛です。
このタイプの腰痛を繰り返すと、さけた繊維の隙間から髄核と呼ばれる組織が外に飛び出し、神経を圧迫する事で神経痛を引き起こします。
これを腰椎椎間板ヘルニアといいます。

 
ぎっくり腰の改善方法(ワンポイントアドバイス)
ぎっくり腰の患者様は皆さん急に来たといって来院されます。
しかし、本当に大きな力が働いて痛めた時(交通事故 etc…)以外に一回の動作で痛めることはまずありません。きっかけは何かの動作で発症しますが、そこに至るまでの過程が必ずあります。
日々の生活の中に原因はあちらこちらにあるのです。その原因をプロの目から見てアドバイスさせていただき、正しい生活動作を見につけ、六町すまいる整骨院オリジナルの腰痛体操とメンテナンスで予防することがもっとも大事です。
 


 
当院ならではのぎっくり腰治療について

まずは、つってしまった筋肉を手技とハイボルト療法で瞬時に取り除き、その状態を維持するための生活指導をさせてもらいます。
状態によってはコルセットなどをする事で腰への負担を減らします。

 
状態の経過につれて再発防止の処置のご希望があれば、楽トレによるインナー(体幹)の強化、コルセットの役割をしている腹横筋を強化します!
それから、筋肉の柔軟性や動く範囲を広げる目的でストレッチなどもしていきます。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
Copyright(c) 六町すまいる整骨院 All rights reserved.

inserted by FC2 system