<各種保険取扱> 健康保険 交通事故 労災保険 生活保護  
  東京都足立区六町3-4-11 パークアベニュー 1階
Tel &Fax 03-3850-0622
ホームページ
当院について
治療メニュー
交通事故治療
対応症状
患者様の声
アクセス・予約
印刷用PDFファイル
   
 
☆当院は予約優先制になっております。
初めての方はお電話ください。
予約はこちらから
 
☆お電話のお問合せ時間は、
 平日   9時〜12時半
       15時〜19時半
 土曜日  8時〜13時
上記のお時間にお願いいたします。
 

 
〒121-0073
足立区六町3-4-11
パークアベニュー1階
Tel &Fax 03-3850-0622

【休診日】
水曜日・日曜・祝日・土曜午後
 
※駐車場あります。





・むちうち
・腰痛
・顎関節症 《口が開かない》
・突き指
・成長痛
・外側上顆炎(テニス肘)
・変形性股関節症
・肉離れ
・捻挫(靭帯損傷)
・変形性膝関節症(OA)
・四十肩・五十肩
・オスグット
・坐骨神経痛
・首こり
・頭痛
・ぎっくり腰
 

 
 
   
●顎関節症《口が開かない》  
顎関節症はとても多くの方が悩んでいる病気の一つです。
指が縦に三本分入る大きさに口が開く状態が正常な状態です。指が縦に二本の大きさの場合は開口障害が始まっている状態です。
顎関節に何らかの障害がある状態です。
急いで食事をする癖がある方や固い物などを噛むことで始まることが良くあります。
この際いわゆる猫背姿勢のある方は顎の位置が変位した状態で咀嚼することから姿勢の良い人と比べると痛める可能性がぐんと上がります。

顎関節症には関節内にある関節円盤が変位することで起こる場合と関節周囲の筋肉のスパズムによるものと二つあります。

関節円盤の変位によるものの場合は整復で戻らない場合は口腔外科の処置が必要となってきます。その際は専門医を紹介させていただきます。
二つ目の筋のスパズムによる関節症の場合は咀嚼の際に大きく関与している側頭筋・咬筋・内外側翼突筋こういった筋肉が痛んでいることで開口障害が起こります。

この筋のスパズムをハイボルト療法でとることで痛みが解消され口が開くようになります。
あとは姿勢の改善と食事の仕方を覚えてもらえば痛みは落ち着いてきます。
顎関節はほおっておけば置くほど完治が困難になり一生の痛みとして残ってしまいます。
おかしいなと思ったらすぐにご連絡下さい!

 
 
 
 
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 
 
Copyright(c) 六町すまいる整骨院 All rights reserved.

inserted by FC2 system